希望の世紀に!!
 文部科学省科研費指定研究機関
  Biophilia Institute   
   バイオフィリア研究所  
English   日本語
研究所設立の背景-設立目的-持続可能な超高齢社会の構築-高齢者の増加を負の要因としない文明の構築
 リハビリテーション医療介入方法の多様化について (資料番号は予稿集記載の通り)
1971年 設立目的の
認識・動機
ソ連傷病兵のイルクーツク中央公園で、端から端に至る車いすの列の様子から、数が多い団塊世代の高齢化後の姿を認識
1979年 高齢社会への対応 藤沢市議会で開陳
1981年 高齢者割合の予測・拡大 議員時代: 昭和五十年厚生省の人口の将来推計、2010年で五人に一人が高齢者に疑問
決算委員会で藤沢市民四人に一人が高齢者と指摘
対応策の提案 健康づくりや高齢者へのアプローチ、ゲートボール大会の推進
1987年 社会の課題 要介護者の増加→滝沢恭子氏のリハビリを見る
寝たきりの増加 ニュートンはリンゴの落下で「万有引力」を認識
代表者は見た。そして見たリハビリを組織化した。
1993年 根本的な解決の道の模索 歩行器開発(NEDO助成)(参考資料17、66)
1996年 滝沢恭子氏のリハビリの解明 「寝たきり老人を歩かせる」出版(参考資料8、9、15)
225名の入院者中(入院時全員が歩行不能)59名が歩行可能となった
2000年 追試 テクノエイド協会助成金 創動運動とタキザワ式の追試 3割が歩行再獲得 報告書と論文(参考資料55)
2001年 科研費受領開始 神奈川県産業技術研究所と連携(論文:発表多数)
国際活動の必要性の認識 北マリアナ諸島連邦と学会の共同開催(IBRA前身団体)リハ医療の改革(科研費の受領・産能大学)
2004年 根本的な解決の道の模索 評価機器の高度化研究(科研費の受領・慶大・国大)
2005年 WAM助成金 九州で実験 滝沢恭子氏がいない場所での方法の導入と評価、本人の実施のみに効果があるとの主張があった。(報告書・論文)(研究業10)
2006年 WAM助成金  九州での実験をマニュアル化(書籍として発行)
リハ医学矛盾の明示 総説論文()
科研費での研究の継続 インペアメントの克服 / 可能性の検証
2001年中小企業助成の成果 法整備による超高齢社会の介護システムの確立―日英法比較研究―(参考資料13)
2009年 科研Bの受領 機器開発 可能性の検証
2010年 科研Aの受領 インペアメントの克服 臨床試験の実施 (表1、参考資料49、3,4,11)
この間 国際活動の活発化 脳機能への着眼を研究として実現(参考資料, 61-66)
2016年 総務省スコープ受領 先進国用運動管理の自動化機械の開発(参考資料2)
2018年 RCT実施の働きかけ ラトビア政府社会統合庁リハ部門と研究契約 準備中 その他4大学へ依頼中
2019年 ISPRM招待講演 長期間の研究が実り国際的認知(参考資料1、47、56)
2020年 これからの研究 将来に向けた世界中の人が使える自律的リハビリテーションの基準の作成、
以降 22世紀へ向け我々のアプローチの明示 低開発国・開発途上国における自律的リハビリテーションの普及
高齢障害者の生活自立を実現 従事者と人件費の有効利用をAIとIoT利用機器の導入で実現、介入手法の多様化を実現する創動運動と他動運動のRCTの実施
国際標準化の実現:(国際標準化機構へアプローチ) 予備業務項目(Preliminary Work Item: PWI)として ワーキンググループ(WG)において審議されうる国際規格案を取りまとめ
将来の課題 政府機関と共同研究の推進(契約等)、上記のとおりの研究を個人の責任で実施しており、公的研究への格上げが必須




自律的運動リハビリテーションはTAKIZAWA Method(合衆国特許: No.7153250)で実施できます。
著作権 バイオフィリア研究所 ©1995